なぜ靴を脱ぐのか

夏が過ぎて秋の声が聞こえるようになった。が、今日は再び暑い一日だった。秋冬ものはもう一息といったところだろうか。

 

さて、カフェで、レストランで、あるいは電車のなかで、靴を脱いでいるひとを少なからぬ数、見かける。新幹線なんかも多い。これは性別、年齢はあまり関係ないようである。座敷でもないのになぜ脱ぐのか? 足に合わない靴を履いているから。長時間歩いたから。ずっと立ちっぱなしだったから。理由はひとそれぞれだろうが、私はこの靴を外で脱ぐというのが気になって仕方ない。

 

コンサマトリー」という言葉がある。元々はアメリカの社会学タルコット・パーソンズが掲げた造語で、日本語にすると自己目的的とか自己完結的、自己充足的といったところになるだろうか。将来的な成果や目標に向けてなにかをする、つまり行動が手段になるのではなく、行動すること(あるいはしないこと)そのものが目的となり、今この瞬間の楽しさや自由を享受する、というようなことを指す言葉として、最近の若者論にもよく登場する(この点において、現代に生きる20代は生活満足度が高いということが世論調査でも明らかにされている)。

どうなるかも分からない未来に賭けるよりは、今この瞬間を楽しく満ち足りたものにしたい。そうしたことは、社会という大きな営みとはまた別の、非常にパーソナルな関係性に帰着するだろう。近年、「ライフスタイル」「自分らしさ」(これは嫌いな言葉の一つだ)という言葉がもてはやされるのも、そうした時代の潮流と合致しているところがあるかもしれない。「コンサマトリー」の是否をここで明らかにしようとは思わないが、自分(たち)の外側の世界=社会との関係性が希薄になってゆくことは気にかかるところであるし、それは若者に限ったことではないだろう。

 

社会との関係性ということで言えば、内(家)と外の境界線も曖昧になっている気がする。カジュアル化、フラット化が進む世の中にあって、大体のところはそこそこな格好で行くことが出来るようになった。気張らずとも色々なことが楽しめるようになったのは決して悪いことではない。カジュアルな出で立ちで訪れると場違いになる「場」が減ったのだ。

外出するということは、ある種の不便さを伴うものだった。その不便さこそが、内と外を我々に意識させるひとつの要因であることは間違いのないところだろうが、現在は非常に便利な世の中になった。便利になることは大いに結構。ただ、それを無感覚に受け止めてしまうことで、内と外のボーダーラインに揺らぎが生じる。今やコンビニの前で暖かいおでんだって食べられてしまうのである。

 

こう考えてゆくと、個と社会との関係性は与えられるものでなく自ら築いてゆくものだということを改めて感じる。実に当たり前の話なのだが、自らが社会を意識しないとき、そこに社会はない。

 

ある時点まで、ファッション、アート、音楽などは、社会との関わり合い方の意思表示であった。アートは今もそうした側面を比較的強く持っていると思うが、ファッションについてはどうだろう。随分と希薄になっていると言って差し支えなさそうである。もちろんそうした意志をもって服作りをしているデザイナーは現在も存在する。しかし着る側の意識としては、もはやそのようなものではないだろう。それを残念がるのは随分とノスタルジックな話だとは思うが、しかし、何となく服を着るよりも、何らかの意志―それは必ずしもメッセージ性を必要としない―をもって着た方が俄然素敵なように感じる。能動的な姿勢でもって着た服は、自分も気持ちがいいし、他者=社会にも影響を及ぼすものである。

 

外で靴を脱いでしまうひとのように、周囲を顧みない、つまり社会との関係性を無視してしまうひとでも、SNSには夢中だったりするから面白い。「ソーシャル」の認識の仕方の違いと言ってしまえばそれまでだが、実際の社会の視線というものをもう少し感じてもいいのに、とは思う。しかし何より問題なのは、そうした光景を当たり前のものとして受け止め、何も思わないひとが増えることである。少なくともファッションに携わるひとびとはこうしたことに対して敏感であってほしい。社会がなければ服など暑さ寒さをしのぐ有用性だけのものになってしまうだろうから。

 

 

*メディア向けメールニュース「BEAMS NEWS」#240に寄稿したエッセイに加筆